そうだ!小屋作ろう!!

これはRYUKYUDISCOの兄と一緒に本州DJツアーした時、ギャラとしてもらった単管パイプとクランプ。

現物支給です。

そして先日、伐採中に突然現れた土間基礎。

作業の休憩中にふと思いつきました。

「そうだ、単管小屋作ろう!」

単管パイプガレージ製作の始まりです!

早速土間の確認、物をどかして掃除。

水は引いていないので、 20Lのポリタンクで水を持ってきて流して綺麗にしてみました。

単管小屋を作るなら、パイプを切断する高速カッターが欲しいところ。

ココは電気も引いてないので発電機も必要です。

溶接もする事になるんで、発電機と溶接機が一体になったエンジン溶接機があれば1番いい!

そんな時はココ、沖縄の中部にあるJUNKストリート、闇市をチェック!

あるかな〜?

あったあった!

高速カッターと、発電機!

しかも第一希望のエンジン溶接機です!

しかもしかも、どっちも大好きな「新ダイワ」製!

運命感じちゃう!

溶接機は本体だけだったんで、ケーブルとホルダをそれぞれ準備。

こんなに太いケーブルを買うのは初めて。

「キャプタイヤケーブル」って言葉を初めて覚えました。

久しぶりのアーク溶接。

まずは練習です。

転がってた角パイプに細かくカットした単管を付けまくりました。

美しいビードをイメージしてやってるけど、全然上手くいかない!

電流変えたり、溶接棒の太さ変えたり試行錯誤しても全然ダメ!

もういいや、本番です!

グダグダな溶接跡をこんなドアップで…

恥ずかしい!

単管ベースをパイプにくっつけて、錆止めのローバルをひと塗り。

柱が出来上がりました!

おっ立てる所はまた今度!