ギター修理

名護の大好きな店、OKINAWANに置いてあるクラシックギター。

弾きやすいし、とってもいい音します。

毎晩始まるセッションで、たくさんのお客さんに弾かれ、ついにガタがきたようです。

「あんた直せるねー?」

「やってみるさー」

という事で、倉庫に持ち帰って見てみると、ボディーの裏側が剥がれてめくれてます。

木工用ボンドかな〜?

楽器修理用のボンド探したけど、なかなかハードルが高い!

ホームセンターで普通に買える物から探すことにしました。

ボンドの乾燥後、硬く固まって、削ったり加工したり、色も塗れるようなボンドを探します。

そして選んだのがこちら!

最近よく見る「ゴリラボンド」!

強烈なインパクトを放ち、突如としてホームセンターに現れたゴリラシリーズ。

ついに試す時が来ました!

隙間に塗り込みます。

結構サラッとしてるかな?

ボンド塗った後はクランプ使ってとにかく固定!

なんかアコースティックな楽器の工房って、大体こんな感じなのがあるよな?

というイメージだけでやってます。

そして倉庫の隅に放置。

どれくらい放置したのか?

かなり長い期間そのままにしていました。

いよいよ直ってるか確認です!

クランプを一つずつ外すと…

おー!くっついてる!!

こもってたり、ビビってたりしてた音が完全にクリアに!

OKINAWANのママも大喜び!

直して数ヶ月経つけど、また壊れたりしてないし、思ったよりしっかり直ってる!

ゴリラがなかなかヤバい!

って事でまた次回!

投稿日:
カテゴリー: MUSIC