マイク修理

ビンテージ録音機材をジャンクでゲットしては、試行錯誤を繰り返し修理して使っています。

コツコツと独学で修理の勉強をして、目指すはアナログ機材のリペアマン!

ということで、今回は世界の名器RCA-77DXのケーブル交換です!

このマイクは1950年代に製造されたリボンマイク。今から実に70年前!

ケーブルは硬化していて、曲げようとすると被覆がパキパキ割れて落ちてくる…

まずは音が出るのか?

それを確認したいけど、コネクターが現代のものとは違う!

そもそも機材に繋げられん!

ビンテージマイクあるあるです。

左がこのマイクに付いてる昔のBTSという規格のコネクタ。

右がおなじみ現代のXLR(キャノン)。

まずはケーブルとコネクタをキャノンに交換!

ついでに70年前の製品を隅々まで見てみたいので、慎重に分解開始!

色々やって元通りに組み立てて完成!

ケーブルは黄色になりました。

ミキサーに繋げて恐る恐る音を出すと…

無事に音が出ました!

良かった〜 配線あってるっぽい!

けどリボンは確実にへたってるし、ゆくゆくはリボンを張り替えて音がどう変わるのかを試したい!

素人のビンテージ機材の探究はまだまだ続く…

投稿日:
カテゴリー: MUSIC